令和3年度 企業主導型保育事業 新規募集について

さて、企業主導型保育事業については、令和3年度も新規募集があるのかといったお問い合わせが入ってくることがあります。

昨年度の国会予算の際は、特に企業主導型保育事業と明記されているような部分が見つけられなかったのですが、こちらの「企業主導型保育事業点検・評価委員会(第10回)」の議案を見ていただくと、明らかに令和3年度新規募集のことが議案として上程され、議論されたことが分かります。


※内閣府ホームページより転載


令和3年3月29日に開催された第10回のところ、議題のところ、2番目にはっきりと「令和3年度新規募集における審査基準について」とあります。

ですが、肝心の資料2がグレーアウトされていてリンクがありません。。

情報公開していただきたいのですが、やはりこの段階ではいきなり公開することも難しく、慎重に内容について吟味しているのでしょうか。

こちらの式次第を見ても、資料2-1から資料2-3を用いて、令和3年度新規募集の件を議論している様子が伺えます。



今の段階では情報はここまでですが、おそらく令和3年度新規募集は行うのでしょう。

ここからは私の勝手な推測になりますが、以下のような可能性が考えられると予想しております。

・地域を限定して募集する。

・一気に応募を募ると大変なので、無理なく少しずつ公募するか。

・敗者復活戦は認めるかどうか。


これ以外のことは、今までの私のノウハウを活かしまして、合格率を高めるのみでございます。

次回は10社ほど限定してお請けさせていただき、ひたすら合格率100%を目指していきたいと思います。


コメント

このブログの人気の投稿

サービス管理責任者の兼務可能な範囲について

企業主導型保育事業の会計における注意点(保育料や連携協定の利用契約料の取扱いなど含む)

企業主導型保育事業の消費税仕入控除額報告(助成金の返還)